Sony
Sony
メニュー
閉じる

「v6プラス」 (IPoE方式でのIPv4通信) を無効にする (または有効にする) 方法を知りたい

「v6プラス」対応ホームゲートウェイ』の「v6プラス」(※1) を無効にする方法をご案内しています。

※1 ここで記載の「v6プラス」は IPoE 方式での IPv4 通信を指します。
※ So-net 光 minico ご利用の場合は、v6プラス(IPoE方式でのIPv4通信)を無効にすることはできません。

So-net v6プラス対応ルーター』をご利用の場合は、下記のページをご参照ください。

※ IPoE 方式から PPPoE 方式への切り替え方法をご案内しております。

※ So-net光(auひかり)をご利用の場合「v6プラス」は、対象外コースとなります。

「Aterm WG1200HS3 / Aterm WG1200HS4(NE) / Aterm WG1200HP4(NE)」をご利用の場合
「WN-AX1167GR2 / WN-DX1167R」をご利用の場合

<目次>

無効化が必要なケース

「v6プラス」(IPoE 方式での IPv4 通信) 接続の場合、ご利用できないサービスがあります。
以下サービスをご利用の場合、下記手順をご参照のうえ「v6プラス」を無効にしてください。

  • 固定IPサービス
  • ダイナミックDNSサービス
  • 特定のプロトコル (PPTP、SCTP) を利用するサービス
  • 特定のポートを使うサービス (利用可能なポート番号が制限されているため)
  • IPv4 グローバルアドレスを共有するネットワークでは利用できないサービス

無効化の手順

文中の「IPv4」とは「v6プラス」における IPoE 方式での IPv4 通信を指します。

1/4 Web ブラウザから、「http://192.168.1.1:8888/t」へアクセスします

2/4 「IPv4設定」のソフトウェアのアイコンを選択します

下記画像の画面が表示されない場合、『「v6プラス」開通状況確認』をご確認ください。

3/4 「IPv4」項目の状態が「有効」になっていることを確認します

4/4 「高度な設定」から「IPv4 ON/OFF設定」の「機能停止」にチェックを入れ「設定」を選択します

※ 「v6プラス」における IPoE 方式での IPv4 通信を有効にする場合は、「機能停止」のチェックを外し「設定」を選択してください。

初回アクセス時はユーザー名、パスワードの登録をおこなってください。

  • 「パスワード」: 半角英数で、任意の文字を入力 (6 文字以上 15 文字以下)
  • 「パスワードの確認入力」:「パスワード」で入力したものと、同じ文字を入力

以上で、「v6プラス」における IPoE 方式での IPv4 通信の無効設定は完了です。
必要に応じて「PPPoE方式でのIPv4通信設定方法」をご確認ください。  

PPPoE 方式での IPv4 通信設定方法

PPPoE 方式で IPv4 通信をおこな設定がお済みでない場合は、下記のページをご参照ください。

So-net 光の接続設定方法を知りたい
plala(Sコース)(旧So-net for ドコモ光)の接続設定方法を知りたい
So-net 光 アクセスの接続設定方法を知りたい
So-net 光 with フレッツ S / with フレッツ / フレッツ光 / Bフレッツの接続設定方法を知りたい

「v6プラス」開通状況確認

※ PR-400NE をもとに説明しておりますが、ほかの機種でも同様の操作が可能です。

1/3 機器の設定画面にログインします

ログイン方法につきましては、下記ページのステップ 1 ~ 2 をご参照ください。

■PR-600KI、PR-600MI、RX-600KI、RX-600MI、RT-500KI、RT-500MI、RT-400KI、PR-400KI、RV-440KI、PR-400MI、RT-400MI、RV-440MI の場合
So-net 光 / So-net 光 with フレッツ S / フレッツ光 / Bフレッツの接続設定方法を知りたい(PR-500KI ほか)

■RT-400NE、PR-400NE、RV-440NE の場合
So-net 光 / So-net 光 with フレッツ S / フレッツ光 / Bフレッツの接続設定方法を知りたい(PR-S300NE ほか)

2/3 「基本設定」から「接続先設定(IPv4 PPPoE)」を選択します

3/3 表示された項目を確認します

表示された項目がグレーアウトしている場合は、「v6プラス」が開通済みです。

画面の状況に応じて下記をご確認ください。

<項目がグレーアウトしている場合>
「v6プラス」開通済みです。
無効化の手順』へ進んでください。

<項目がグレーアウトしていない場合>
「v6プラス」が開通していない。または「v6プラス」対応機器ではありません。
下記をご参照のうえトラブル解決をお試しください。
「v6プラス」の接続ができない

この内容はお役に立ちましたか?

はい いいえ
AIモモ

AIモモに質問する

使い方や推奨環境は、下記ページでご案内しております