Sony
Sony
メニュー
閉じる

So-net 光 / プラス / minicoの接続設定方法を知りたい

※ 「v6プラス」は日本ネットワークイネイブラーの登録商標です。

本ページは、So-net 光 / プラス / minicoの接続設定を初めて行う方向けにご案内しております。
既に接続設定が済んでいて、設定を見直したい場合は設定手順からご確認をお願いいたします。

接続設定方法について、AI によるご案内もしております。
ご希望の方は下記を選択してください。

事前確認

事前準備

工事予定日前日に下記のご準備をお願いいたします。

  • NTT レンタル機器を光ファイバーでつなぐ
  • 電源を入れる

工事予定日の確認方法は?

工事日確定後にお送りする、『[So-net 光]に関するご連絡』もしくは『[So-net 光プラス]に関するご連絡』(圧着はがき)に記載されております。

工事日確定後であれば、マイページからもご確認いただけます。
「利用コース」 → 「工事予定日の確認」とお進みください。
マイページで各種予定日を確認する

工事予定日には、転用予定日、事業者変更予定日も含まれます。

設定タイミング

接続設定は、工事予定日の翌日以降におこなってください。
立ち会いが必要な工事がある場合は、工事完了後に接続設定をおこなってください。

「v6プラス」利用状況の確認

「v6プラス」は、自動的にお申し込みとなります。

固定IPサービスをご利用の場合は除きます。

詳細は、下記のページをご確認ください。
「v6プラス」が利用できているか確認する方法を知りたい

「v6プラス対応ルーター」の確認

「v6プラス対応ルーター」を So-net 光 プラスと同時にお申し込みされた場合
工事日にあわせてお送りしています。

お支払い方法の登録がないと機器は発送されません。

NTT レンタル機器とは別送となります。

詳細は下記のページをご確認ください。
So-net v6プラス対応ルーターのよくあるご質問

設定手順

お客さまのご利用機器によって設定方法が異なります。
下記のパターンを確認のうえ、設定してください。

パターン確認

無線 LAN
ルーター
NTT 機器タイプ パターン
あり
ホームゲートウェイ
パターン A
ONU / VDSLモデム
パターン B
なし ホームゲートウェイ
(無線 LAN カードレンタル ※)
パターン C
ホームゲートウェイ パターン D
ONU / VDSLモデム パターン E

RS-500KI / RS-500MI をご利用の場合は、無線 LAN 機能内蔵のため専用無線 LAN カードは必要ありません。

パターン A

動画で確認

Webで確認

ここをクリック (タップ) して設定方法を確認

1/3 配線をする

上記の図を参照のうえ、NTT レンタル機器と無線 LAN ルーターを LAN ケーブルで接続します。

LAN ケーブルの接続箇所 (LANポート) は、機器の取り扱い説明書をご参照ください。

ご利用の無線 LAN ルーターはルーター機能を無効にしてください。

ルーター機能を無効にする方法は無線 LAN ルーターの取り扱い説明書をご確認ください。(機器によりブリッジ (BR) モード、アクセスポイント (AP) モードなどの名称があります。)

光ファイバーケーブルの接続について

VDSL タイプ の場合は、光ファイバーケーブルではなく、モジュラーコードを接続してください (詳細は機器の取扱説明書をご覧ください)。

  1. 壁の光コンセントへ光ファイバーケーブルを接続します。

    ※ 向きに注意し、カチッと音がするまで差し込みます。

  2. ホームゲートウェイに光ファイバーケーブルを接続します。

    ホームゲートウェイと ONU が別になっている場合は、ONU に接続します。

    差込口にキャップがしてありましたら、取り外してください。

    向きに注意して、光ファイバーケーブルを接続します。

    カチッと音がするまで差し込みます。

    フタを閉める際に、光ファイバーケーブルを挟まないように注意してください。

  3. スタンドを取り付けます。

  4. ホームゲートウェイに電源コードを差し込みます。

    ホームゲートウェイと ONU が別になっている場合は、両方ともにおこないます。

  5. 電源が入り、ランプが点灯したことを確認してください。

NTT レンタル機器と無線 LAN ルーターの接続について

NTT レンタル機器と無線 LAN ルーターを LANケーブルで接続する際は、NTT レンタル機器の「LAN1」から「LAN4」のいずれかと、無線 LAN ルーターの「WAN」や「インターネット (Internet)」を接続してください。
無線 LAN ルーターのメーカーや機種により表記が異なります。

NTT レンタル機器が 2 台ある場合の接続方法

■NTT レンタル機器が 2 台ある場合の無線 LAN ルーターとの接続について

  1. NTT レンタル機器同士をLANケーブルで接続する際は、ONU/VDSLモデム (PPPランプなし) 側の「LAN」と、ひかり電話ルーター/ホームゲートウェイ (PPPランプあり) 側の「WAN」を接続してください。

  2. ひかり電話ルーター/ホームゲートウェイ (PPPランプあり) と無線 LAN ルーターを LANケーブルで接続する際は、ひかり電話ルーター/ホームゲートウェイ (PPPランプあり) の「LAN1」から「LAN4」のいずれかと、無線 LAN ルーターの「WAN」や「インターネット (Internet)」を接続してください。
    無線 LAN ルーターのメーカーや機種により表記が異なります。

無線 LAN ルーターとパソコンを LAN ケーブルで接続する場合

パソコンは LAN ケーブルで接続し、スマートフォンやタブレットを無線 LAN (Wi-Fi) で接続することも可能です。

※ パソコンの設定については、下記の「2/3 無線 LAN ルーターへの無線 LAN 接続する」は必要ありません。

【So-net v6プラス対応ルーターをご利用の場合】
下記ページをご参照ください。

2/3 無線 LAN ルーターへ無線 LAN 接続する

パソコン、スマートフォン、タブレットの設定画面でネットワーク名 (SSID) を選択し、パスワード (暗号化キー) を入力します。

「SSID」や「暗号化キー」は、一般的に機器本体 (無線 LAN ルーター) の側面や底面に記載があります。

ネットワーク名 (SSID) 、パスワード (暗号化キー)については、ご利用の無線 LAN ルーターの取り扱い説明書をご確認ください。

パソコン、スマートフォン、タブレットを無線 LAN(Wi-Fi)で接続する方法は、下記ページをご参照ください。

■iOS

■Android

■Windows

■Mac

■上記以外

3/3 インターネットの接続確認をする

1.ホームゲートウェイの「PPP」ランプが消灯していることを確認します。

※ 「v6プラス」で接続できていれば「PPP」ランプが消灯します。(正常状態)

2.インターネット接続をお試しください。

※ 「v6プラス」でインターネットへ接続する場合は「接続用ID」、「接続用パスワード」の設定は不要となります。

Web ページ (例:So-net 会員サポートページ → https://support.so-net.ne.jp) の閲覧が可能であれば、インターネットへ接続されています。

上記ページ以外にも、よくアクセスされる Web ページなどについても閲覧が可能かご確認ください。

Web ページが正常に閲覧可能な場合、設定は完了となります。
閲覧ができないページがある場合、下記「設定後もすべてまたは一部閲覧できない Web ページがある場合」をお試しください。

設定後もすべてまたは一部閲覧できない Web ページがある場合

1.NTTレンタル機器 (ルーター) の「認証機器名」または「品名」を確認します

ご利用の機器によって、型番シールの場所が異なります。詳細は機器のマニュアルをご確認ください。

「v6プラス」の利用について

IPoE方式でIPv4通信をご利用いただくためには下記の「v6プラス」対応機種が必要です。
「v6プラス」対応機種をご利用の場合は、 IPoE方式での IPv4通信がご利用可能となるまで回線開通後 1 日程度お時間がかかる場合があります。
回線開通直後のお客さまは、お待ちいただくことでご利用可能になる場合がありますが、直ぐに接続したい場合は、下記に沿って設定ください。

下記設定後に IPoE方式での IPv4通信が利用可能となった場合は、自動的に IPoE方式での IPv4通信へ切り替わります。

■「v6プラス」対応機種
「RT-S300」「PR-S300」「RV-S340」「RT-400」「PR-400」「RV-440」「RT-500」「PR-500」「RS-500」(NTT東日本のみ)「PR-600」「RX-600」の型番シリーズ

現在「v6プラス」対応機種ではなく、「v6プラス」対応機種を利用したい場合は So-net サポートデスクへお問い合わせください。

  技術サポートへ問い合わせをする

So-net 光 minico ご利用の場合

ご利用回線が So-net 光 minico の場合、「v6プラス」を利用したIPoE方式でのネットワーク接続となります。
その為、「v6プラス」の開通まで、インターネット接続サービスが正常に利用できない場合がございます。
※ So-net 光 minicoでは、PPPoE機能でのネットワーク接続設定をおこなう事ができません。

v6プラスの接続状況については、下記を参照ください。
「v6プラス」の接続ができない

「v6プラス」の利用状況を確認頂き、状況が改善されない場合には、So-netサポートデスクへお問い合わせください。
So-net サポートデスクへお問い合わせください。

  技術サポートへ問い合わせをする

2.下記から該当する「認証機器名」または「品名」を選択し、NTT レンタル機器の設定をします

■「認証機器名」または「品名」の末尾が「~NE」の場合
下記ページに沿って設定してください。
インターネット接続設定 (PR-S300NE ほか)

■「認証機器名」または「品名」の末尾が「~NE 以外 (KI、MI、SE、HI)」の場合
下記ページに沿って設定してください。
インターネット接続設定 (PR-500KI ほか)

RT-200KI と WBC V110M の設定方法は、So-net サポートデスクでご案内しております。

  技術サポートへ問い合わせをする

※ ご利用のパソコンの状況などにより「So-net 安心サポート」(有償のサポートサービス) をご案内させていただく場合がございますので、あらかじめご了承ください。So-net 安心サポートについて詳しくは下記ページをご確認ください。

So-net 安心サポート

3.NTTレンタル機器の設定後「PPP」ランプの確認をする

「PPP」ランプが緑色、または橙色 (オレンジ) に点灯していることを確認してください。

「PPP」ランプが点灯しない場合は、入力した「接続用ID」、「接続用パスワード」が誤っている可能性があります。
下記のページをご参照のうえ、正しい値の入れ直しをお試しください。それでも解決しない場合は、
下記をご参照のうえ、「接続用パスワード」の再設定をおこない、再度「接続用ID」と「接続用パスワード」の入れ直しをお試しください。
接続用ID / 接続用パスワードについて

【参考】
橙色 (オレンジ) に点灯している場合は、IPv4 での接続に加えて、IPv6 での接続をしている状態です。
これは正常な状態です。このまま問題なくご利用いただけます。
「PPP」ランプは、IPv6 に限らず、接続が 1 つの場合は緑色に点灯しますが、 2 つの場合は橙色 (オレンジ) に点灯します。
フレッツサービスの IPv6 のよくあるご質問


以上で接続設定完了となります。

パターン B

動画で確認

Web で確認

ここをクリック (タップ) して設定方法を確認

1/4 配線をする

上記の図を参照のうえ、NTT レンタル機器と無線 LAN ルーターを LAN ケーブルで接続します。

LAN ケーブルの接続箇所 (LANポート) は、機器の取り扱い説明書をご参照ください。

ご利用の無線 LAN ルーターはルーター機能を有効にしてください。

ルーター機能を有効にする方法は無線 LAN ルーターの取り扱い説明書をご確認ください。

※ ご利用の無線 LAN ルーターによっては電源を入れると自動的に接続設定がおこなわれます。

光ファイバーケーブルの接続について

VDSL タイプ の場合は、光ファイバーケーブルではなく、モジュラーコードを接続してください (詳細は機器の取扱説明書をご覧ください)。

  1. 壁の光コンセントへ光ファイバーケーブルを接続します。

    向きに注意し、カチッと音がするまで差し込みます。

  2. ONU/VDSLモデムに光ファイバーケーブルを接続します。

    向きに注意して、光ファイバーケーブルを接続します。

    差込口にキャップがしてありましたら、取り外してください。

    カチッと音がするまで差し込みます。

    フタを閉める際に、光ファイバーケーブルを挟まないように注意してください。

  3. スタンドを取り付けます。

  4. ONU/VDSLモデムに電源コードを差し込みます。

  5. 電源が入り、ランプが点灯したことを確認してください。

NTT レンタル機器と無線 LAN ルーターの接続について

NTT レンタル機器と無線 LAN ルーターを LANケーブルで接続する際は、NTT レンタル機器の「LAN」と、無線 LAN ルーターの「WAN」や「インターネット (Internet)」を接続してください。
無線 LAN ルーターのメーカーや機種により表記が異なります。

【So-net v6プラス対応ルーター (Aterm WG1200HS3 / Aterm WG1200HS4(NE)/ Aterm WG1200HP4(NE))の場合】

  1. LAN ケーブル接続後、無線 LAN ルーターに電源ケーブルを接続してください。
  2. 自動設定が始まり、「ACTIVE」ランプが点灯するまで 3 分程度お待ちください。
  3. 「ACTIVE」ランプが点灯しましたら、ONU / VDSLモデムと無線 LAN ルーターの設定は完了です。

無線 LAN ルーターとパソコンを LAN ケーブルで接続する場合

パソコンは LAN ケーブルで接続し、スマートフォンやタブレットを無線 LAN (Wi-Fi) で接続することも可能です。

※ パソコンの設定については、「2/4 無線 LAN ルーターへの無線 LAN 接続する」は必要ありません。

【So-net v6プラス対応ルーターをご利用の場合】
下記ページをご参照ください。

2/4 無線 LAN ルーターへ無線 LAN 接続する

パソコン、スマートフォン、タブレットの設定画面でネットワーク名 (SSID) を選択し、パスワード (暗号化キー) を入力します。

「SSID」や「暗号化キー」は、一般的に機器本体 (無線 LAN ルーター) の側面や底面に記載があります。

ネットワーク名 (SSID) 、パスワード (暗号化キー)については、ご利用の無線 LAN ルーターの取り扱い説明書をご確認ください。

パソコン、スマートフォン、タブレットを無線 LAN(Wi-Fi)で接続する方法は、下記ページをご参照ください。

■iOS

■Android

■Windows

■Mac

■上記以外

3/4 無線 LAN ルーターで接続設定をおこなう

※ 本手順はご利用の無線 LAN ルーターによっては不要な場合がございます。

ご利用のスマートフォン、パソコンなどから無線 LAN ルーターの設定画面を開き、接続設定をおこないます。

設定方法の詳細につきましては、お使いの無線 LAN ルーターの取り扱い説明書をご参照ください。

設定方法が不明な場合は、機器メーカーもしくは「So-net 安心サポート」(有償のサポートサービス)へお問い合わせください。So-net 安心サポートについて詳しくは、下記をご参照ください。

So-net 安心サポート

■「v6プラス」で接続をおこなう場合
手動で設定をおこなう場合は、「v6プラス」が含まれる項目を選択してください。

ご利用の無線 LAN ルーターによっては、回線自動判別機能により設定が不要な場合がございます。

■PPPoE 接続をおこなう場合
※ ご利用回線が So-net 光 minico の場合、「v6プラス」でのネットワーク接続設定のみとなり PPPoE機能でのネットワーク接続設定をおこなう事ができません。


下記内容を設定してください。

  • 「接続先ユーザ名」: [接続用ID] を入力 例) taro_s@aa2.so-net.ne.jp

  • 「接続パスワード」: [接続用パスワード] を入力

    セキュリティ保護のため、パスワードは ( ● ) で表示されます。

[接続用ID] または [接続用パスワード] がご不明な場合には、こちら をご覧ください。

4/4 インターネットの接続確認をする

インターネット接続をお試しください。

Web ページ (例:So-net 会員サポートページ → https://support.so-net.ne.jp) の閲覧が可能であれば、インターネットへ接続されています。

上記ページ以外にも、よくアクセスされる Web ページなどについても閲覧が可能かご確認ください。

Web ページが正常に閲覧可能な場合、設定は完了となります。
閲覧ができないページがある場合、下記「設定後もすべてまたは一部閲覧できない Web ページがある場合」をお試しください。

設定後もすべてまたは一部閲覧できない Web ページがある場合

1.無線 LAN ルーターの設定画面でSo-net の「接続用ID」「接続用パスワード」を設定します。

設定方法の詳細につきましては、お使いの無線 LAN ルーターの取り扱い説明書をご参照ください。

「接続用ID」「接続用パスワード」は、『So-net契約内容のご案内』2ページの「インターネット接続に必要な情報」をご確認ください。

設定方法が不明な場合は、機器メーカーもしくは「So-net 安心サポート」(有償のサポートサービス)へお問い合わせください。So-net 安心サポートについて詳しくは、下記をご参照ください。

So-net 安心サポート

So-net 光 minico ご利用の場合

ご利用回線が So-net 光 minico の場合、「v6プラス」を利用したIPoE方式でのネットワーク接続となります。
その為、「v6プラス」の開通まで、インターネット接続サービスが正常に利用できない場合がございます。
※ So-net 光 minicoでは、PPPoE機能でのネットワーク接続設定をおこなう事ができません。

v6プラスの接続状況については、下記を参照ください。
「v6プラス」の接続ができない

「v6プラス」の利用状況を確認頂き、状況が改善されない場合には、So-netサポートデスクへお問い合わせください。
So-net サポートデスクへお問い合わせください。

  技術サポートへ問い合わせをする

「v6プラス」の利用について

IPoE方式でIPv4通信をご利用いただくためには下記の「v6プラス」対応機種が必要です。
ご利用の無線 LAN ルーターが「v6プラス」対応機器か下記ページよりご確認ください。
「v6プラス」提供条件 (「v6プラス」対応機器)

現在ご利用のルーターが「v6プラス」対応機器ではなく、IPoE方式でIPv4通信を利用したい場合は、下記 A ~ C の方法がございます。

A.「So-net 光 v6プラス対応ルーター」オプションを利用する
B.「v6プラス」対応ブロードバンドルーターをお客さまで用意する
C.「v6プラス」対応ホームゲートウェイを用意する


詳細については、下記のページをご参照ください。
「v6プラス」対応ホームゲートウェイを利用したい

以上で接続設定完了となります。

パターン C

Web で確認

ここをクリック (タップ) して設定方法を確認

1/3 配線をする

上記の図を参照のうえ、NTT レンタル機器を設置します。

無線 LAN カードの挿入が必要な場合は、機器の取り扱い説明書をご参照ください。

光ファイバーケーブルの接続について

VDSL タイプ の場合は、光ファイバーケーブルではなく、モジュラーコードを接続してください (詳細は機器の取扱説明書をご覧ください)。

  1. 壁の光コンセントへ光ファイバーケーブルを接続します。

    向きに注意し、カチッと音がするまで差し込みます。

  2. ホームゲートウェイに光ファイバーケーブルを接続します。

    ホームゲートウェイと ONU が別になっている場合は、ONU に接続します。

    差込口にキャップがしてありましたら、取り外してください。

    向きに注意して、光ファイバーケーブルを接続します。

    カチッと音がするまで差し込みます。

    フタを閉める際に、光ファイバーケーブルを挟まないように注意してください。

  3. スタンドを取り付けます。

  4. ホームゲートウェイに電源コードを差し込みます。

    ホームゲートウェイと ONU が別になっている場合は、両方ともにおこないます。

  5. 電源が入り、ランプが点灯したことを確認してください。

NTT レンタル機器が 2 台ある場合の接続方法

■NTT レンタル機器が 2 台ある場合の接続について
NTT レンタル機器同士を LANケーブルで接続する際は、ONU/VDSLモデム (PPPランプなし) 側の「LAN」と、ひかり電話ルーター/ホームゲートウェイ (PPPランプあり) 側の「WAN」を接続してください。

ホームゲートウェイとパソコンを LAN ケーブルで接続する場合

パソコンは LAN ケーブルで接続し、スマートフォンやタブレットを無線 LAN (Wi-Fi) で接続することも可能です。

※ パソコンの設定については、「2/3 機器を無線 LAN 接続する」は必要ありません。

2/3 機器を無線 LAN 接続する

パソコン、スマートフォン、タブレットの設定画面でネットワーク名 (SSID) を選択し、パスワード (暗号化キー) を入力します。

「SSID」や「暗号化キー」は、一般的に機器本体の側面や下部に記載があります。

パソコン、スマートフォン、タブレットを無線 LAN(Wi-Fi)で接続する方法は、下記ページをご参照ください。

■iOS

■Android

■Windows

■Mac

■上記以外

3/3 インターネットの接続確認をする

1.ホームゲートウェイの「PPP」ランプが消灯していることを確認します。

※ 「v6プラス」で接続できていれば「PPP」ランプが消灯します。(正常状態)

2.インターネット接続をお試しください。

※ 「v6プラス」でインターネットへ接続する場合は「接続用ID」、「接続用パスワード」の設定は不要となります。

Web ページ (例:So-net 会員サポートページ → https://support.so-net.ne.jp) の閲覧が可能であれば、インターネットへ接続されています。

上記ページ以外にも、よくアクセスされる Web ページなどについても閲覧が可能かご確認ください。

Web ページが正常に閲覧可能な場合、設定は完了となります。
閲覧ができないページがある場合、下記「設定後もすべてまたは一部閲覧できない Web ページがある場合」をお試しください。

設定後もすべてまたは一部参照できない Web ページがある場合

1.NTTレンタル機器 (ルーター) の「認証機器名」または「品名」を確認します

※ ご利用の機器によって、型番シールの場所が異なります。詳細は機器のマニュアルをご確認ください。

「v6プラス」の利用について

IPoE方式でIPv4通信をご利用いただくためには下記の「v6プラス」対応機種が必要です。
「v6プラス」対応機種をご利用の場合は、 IPoE方式での IPv4通信がご利用可能となるまで回線開通後 1 日程度お時間がかかる場合があります。
回線開通直後のお客さまは、お待ちいただくことでご利用可能になる場合がありますが、直ぐに接続したい場合は、下記に沿って設定ください。

下記設定後に IPoE方式での IPv4通信が利用可能となった場合は、自動的に IPoE方式での IPv4通信へ切り替わります。

■「v6プラス」対応機種
「RT-S300」「PR-S300」「RV-S340」「RT-400」「PR-400」「RV-440」「RT-500」「PR-500」「RS-500」(NTT東日本のみ)「PR-600」「RX-600」の型番シリーズ

現在「v6プラス」対応機種ではなく、「v6プラス」対応機種を利用したい場合は So-net サポートデスクへお問い合わせください。

  技術サポートへ問い合わせをする

So-net 光 minico ご利用の場合

ご利用回線が So-net 光 minico の場合、「v6プラス」を利用したIPoE方式でのネットワーク接続となります。
その為、「v6プラス」の開通まで、インターネット接続サービスが正常に利用できない場合がございます。
※ So-net 光 minicoでは、PPPoE機能でのネットワーク接続設定をおこなう事ができません。

v6プラスの接続状況については、下記を参照ください。
「v6プラス」の接続ができない

「v6プラス」の利用状況を確認頂き、状況が改善されない場合には、So-netサポートデスクへお問い合わせください。
So-net サポートデスクへお問い合わせください。

  技術サポートへ問い合わせをする

2.下記から該当する「認証機器名」または「品名」を選択し、NTT レンタル機器の設定をします

■「認証機器名」または「品名」の末尾が「~NE」の場合
下記ページに沿って設定してください。
インターネット接続設定 (PR-S300NE ほか)

■「認証機器名」または「品名」の末尾が「~NE 以外 (KI、MI、SE、HI)」の場合
下記ページに沿って設定してください。
インターネット接続設定 (PR-500KI ほか)

RT-200KI と WBC V110M の設定方法は、So-net サポートデスクでご案内しております。

  技術サポートへ問い合わせをする

※ ご利用のパソコンの状況などにより「So-net 安心サポート」(有償のサポートサービス) をご案内させていただく場合がございますので、あらかじめご了承ください。So-net 安心サポートについて詳しくは下記ページをご確認ください。

So-net 安心サポート

3.NTTレンタル機器の設定後「PPP」ランプの確認をする

「PPP」ランプが緑色、または橙色 (オレンジ) に点灯していることを確認してください。

「PPP」ランプが点灯しない場合は、入力した「接続用ID」、「接続用パスワード」が誤っている可能性があります。
下記のページをご参照のうえ、正しい値の入れ直しをお試しください。それでも解決しない場合は、
下記をご参照のうえ、「接続用パスワード」の再設定をおこない、再度「接続用ID」と「接続用パスワード」の入れ直しをお試しください。
接続用ID / 接続用パスワードについて

【参考】
橙色 (オレンジ) に点灯している場合は、IPv4 での接続に加えて、IPv6 での接続をしている状態です。
これは正常な状態です。このまま問題なくご利用いただけます。
「PPP」ランプは、IPv6 に限らず、接続が 1 つの場合は緑色に点灯しますが、 2 つの場合は橙色 (オレンジ) に点灯します。
フレッツサービスの IPv6 のよくあるご質問


以上で接続設定完了となります。

パターン D

Web で確認

ここをクリック (タップ) して設定方法を確認

1/2 配線をする

上記の図を参照のうえ、NTT レンタル機器とパソコンを LAN ケーブルで接続します。

LAN ケーブルの接続箇所 (LANポート) は、機器の取り扱い説明書をご参照ください。

光ファイバーケーブルの接続について

VDSL タイプ の場合は、光ファイバーケーブルではなく、モジュラーコードを接続してください (詳細は機器の取扱説明書をご覧ください)。

  1. 壁の光コンセントへ光ファイバーケーブルを接続します。

    向きに注意し、カチッと音がするまで差し込みます。

  2. ホームゲートウェイに光ファイバーケーブルを接続します。

    ホームゲートウェイと ONU が別になっている場合は、ONU に接続します。

    差込口にキャップがしてありましたら、取り外してください。

    向きに注意して、光ファイバーケーブルを接続します。

    カチッと音がするまで差し込みます。

    フタを閉める際に、光ファイバーケーブルを挟まないように注意してください。

  3. スタンドを取り付けます。

  4. ホームゲートウェイに電源コードを差し込みます。

    ホームゲートウェイと ONU が別になっている場合は、両方ともにおこないます。

  5. 電源が入り、ランプが点灯したことを確認してください。

NTT レンタル機器が 2 台ある場合の接続方法

■NTT レンタル機器が 2 台ある場合の接続について
NTT レンタル機器同士を LANケーブルで接続する際は、ONU/VDSLモデム (PPPランプなし) 側の「LAN」と、ひかり電話ルーター/ホームゲートウェイ (PPPランプあり) 側の「WAN」を接続してください。

2/2 インターネットの接続確認をする

1.ホームゲートウェイの「PPP」ランプが消灯していることを確認します。

※ 「v6プラス」で接続できていれば「PPP」ランプが消灯します。(正常状態)

2.インターネット接続をお試しください。

※ 「v6プラス」でインターネットへ接続する場合は「接続用ID」、「接続用パスワード」の設定は不要となります。

Web ページ (例:So-net 会員サポートページ → https://support.so-net.ne.jp) の閲覧が可能であれば、インターネットへ接続されています。

上記ページ以外にも、よくアクセスされる Web ページなどについても閲覧が可能かご確認ください。

Web ページが正常に閲覧可能な場合、設定は完了となります。
閲覧ができないページがある場合、下記「設定後もすべてまたは一部閲覧できない Web ページがある場合」をお試しください。

設定後もすべてまたは一部閲覧できない Web ページがある場合

1.NTTレンタル機器 (ルーター) の「認証機器名」または「品名」を確認します

※ ご利用の機器によって、型番シールの場所が異なります。詳細は機器のマニュアルをご確認ください。

「v6プラス」の利用について

IPoE方式でIPv4通信をご利用いただくためには下記の「v6プラス」対応機種が必要です。
「v6プラス」対応機種をご利用の場合は、 IPoE方式での IPv4通信がご利用可能となるまで回線開通後 1 日程度お時間がかかる場合があります。
回線開通直後のお客さまは、お待ちいただくことでご利用可能になる場合がありますが、直ぐに接続したい場合は、下記に沿って設定ください。

下記設定後に IPoE方式での IPv4通信が利用可能となった場合は、自動的に IPoE方式での IPv4通信へ切り替わります。

■「v6プラス」対応機種
「RT-S300」「PR-S300」「RV-S340」「RT-400」「PR-400」「RV-440」「RT-500」「PR-500」「RS-500」(NTT東日本のみ)「PR-600」「RX-600」の型番シリーズ

現在「v6プラス」対応機種ではなく、「v6プラス」対応機種を利用したい場合は So-net サポートデスクへお問い合わせください。

  技術サポートへ問い合わせをする

So-net 光 minico ご利用の場合

ご利用回線が So-net 光 minico の場合、PPPoE機能でのネットワーク接続設定をおこなう事ができません。
So-net サポートデスクへお問い合わせください。

  技術サポートへ問い合わせをする

2.下記から該当する「認証機器名」または「品名」を選択し、NTT レンタル機器の設定をします

■「認証機器名」または「品名」の末尾が「~NE」の場合
下記ページに沿って設定してください。
インターネット接続設定 (PR-S300NE ほか)

■「認証機器名」または「品名」の末尾が「~NE 以外 (KI、MI、SE、HI)」の場合
下記ページに沿って設定してください。
インターネット接続設定 (PR-500KI ほか)

RT-200KI と WBC V110M の設定方法は、So-net サポートデスクでご案内しております。

  技術サポートへ問い合わせをする

※ ご利用のパソコンの状況などにより「So-net 安心サポート」(有償のサポートサービス) をご案内させていただく場合がございますので、あらかじめご了承ください。So-net 安心サポートについて詳しくは下記ページをご確認ください。

So-net 安心サポート

3.NTTレンタル機器の設定後「PPP」ランプの確認をする

「PPP」ランプが緑色、または橙色 (オレンジ) に点灯していることを確認してください。

「PPP」ランプが点灯しない場合は、入力した「接続用ID」、「接続用パスワード」が誤っている可能性があります。
下記のページをご参照のうえ、正しい値の入れ直しをお試しください。それでも解決しない場合は、
下記をご参照のうえ、「接続用パスワード」の再設定をおこない、再度「接続用ID」と「接続用パスワード」の入れ直しをお試しください。
接続用ID / 接続用パスワードについて

【参考】
橙色 (オレンジ) に点灯している場合は、IPv4 での接続に加えて、IPv6 での接続をしている状態です。
これは正常な状態です。このまま問題なくご利用いただけます。
「PPP」ランプは、IPv6 に限らず、接続が 1 つの場合は緑色に点灯しますが、 2 つの場合は橙色 (オレンジ) に点灯します。
フレッツサービスの IPv6 のよくあるご質問


以上で接続設定完了となります。

パターン E

Web で確認

ここをクリック (タップ) して設定方法を確認

1/3 配線をする

上記の図を参照のうえ、NTT レンタル機器とパソコンを LAN ケーブルで接続します。

LAN ケーブルの接続箇所 (LANポート) は、機器の取り扱い説明書をご参照ください。

光ファイバーケーブルの接続について

VDSL タイプ の場合は、光ファイバーケーブルではなく、モジュラーコードを接続してください (詳細は機器の取扱説明書をご覧ください)。

  1. 壁の光コンセントへ光ファイバーケーブルを接続します。

    ※ 向きに注意し、カチッと音がするまで差し込みます。

  2. ONU/VDSLモデムに光ファイバーケーブルを接続します。

    ※ 向きに注意して、光ファイバーケーブルを接続します。

    ※ 差込口にキャップがしてありましたら、取り外してください。

    ※ カチッと音がするまで差し込みます。

    ※ フタを閉める際に、光ファイバーケーブルを挟まないように注意してください。

  3. スタンドを取り付けます。

  4. ONU/VDSLモデムに電源コードを差し込みます。

  5. 電源が入り、ランプが点灯したことを確認してください。

2/3 設定をする

下記より、ご利用の OS を選択のうえ、ネットワークの設定をおこなってください。

Windows Mac

3/3 インターネットの接続確認をする

インターネット接続をお試しください。

Web ページ (例:So-net 会員サポートページ → https://support.so-net.ne.jp) の閲覧が可能であれば、インターネットへ接続されています。

上記ページ以外にも、よくアクセスされる Web ページなどについても閲覧が可能かご確認ください。
Web ページが正常に閲覧可能な場合、設定は完了となります。

解決しない場合は下記よりお問い合わせください。

この内容はお役に立ちましたか?

はい いいえ
AIモモ

AIモモに質問する

使い方や推奨環境は、下記ページでご案内しております