Sony
Sony
メニュー
閉じる

会員サポート

JavaScript を有効にする方法を知りたい

So-net の Web サイトでは、表示要素の一部に JavaScript を利用しているため、お使いの Web ブラウザで、JavaScript を有効に設定しておく必要があります。(初期状態では有効になっています)
推奨環境について

Windows 10 / Windows 8.1 / Windows 8 / Windows 7 / Windows Vista / Mac OS それぞれの JavaScript を有効に設定する方法は、以下のとおりです。
手順に沿って設定をおこなってください。

Windows 10 で JavaScript を有効にする設定

Windows 10 をご利用の場合は、Web ページを Internet Explorer 11 で表示して JavaScript を有効に設定することができます。
※ Microsoft Edge では、JavaScript がサポートされていません。
※ Windows 10 以外で、Internet Explorer 11 をご利用の場合は、ステップ 4 から操作してください。

1/8 Microsoft Edge を起動します

※ デスクトップから起動する場合


※ タスクバーから起動する場合


タスクバー上に Microsoft Edge が表示されていない場合は、スタートボタン ( ) から「すべてのアプリ」を選択し、一覧から以下のボタンを選択して起動します。

2/8 「 」から「Internet Explorer で開く」を選択します

3/8 Internet Explorer 11 が起動します

4/8 「 」から「インターネット オプション(O)」を選択します

5/8 「セキュリティ」タブを選択し、以下のように設定し、「レベルのカスタマイズ(C)...」を選択します

  • 「セキュリティ設定を表示または変更するゾーンを選択してください。」:「インターネット」
  • 「保護モードを有効にする (Internet Explorer の再起動が必要) (P)」:「チェック」

6/8 「スクリプト」の項目を以下のように設定し、「OK」を選択します


※ 「スクリプト」の項目まで下にスクロールしてください。

  • 「Java アプレットのスクリプト」:「有効にする」
  • 「アクティブ スクリプト」:「有効にする」
  • 「スクリプトでのステータスバーの更新を許可する」:「有効にする」

7/8 「はい(Y)」を選択します

8/8 「OK」を選択します



以上で、JavaScript を有効にする設定は完了です。
※ Internet Explorer を起動している場合は、再起動してからご利用ください。

Windows 8.1 / Windows 8 で JavaScript を有効にする設定

1/6 デスクトップ版 Internet Explorer の画面右上にある歯車の形をしたアイコンを選択します

2/6 ツールメニューから「インターネット オプション(O)」を選択します

3/6 「インターネットのプロパティ」の画面で「セキュリティ」タブを選択し、以下のように設定します


「セキュリティ設定を表示または変更するゾーンを選択してください。」の枠内で「インターネット」を選択し、「このゾーンのセキュリティのレベル(L)」枠内にある「レベルのカスタマイズ(C)...」を選択します。

4/6 「セキュリティ設定」の画面で、以下のように設定します


「設定」の枠内
※ 「スクリプト」の項目まで下にスクロールしてください。

  • 「スクリプト」の項目の「アクティブ スクリプト」:「有効にする」


設定しましたら「OK」を選択します。

5/6 「警告」の画面が表示されましたら、「はい(Y)」を選択します

6/6 「インターネットのプロパティ」の画面に戻りましたら「OK」を選択して画面を閉じます



以上で、JavaScript を有効にする設定は完了です。
※ Internet Explorer を起動している場合は、再起動してからご利用ください。

Windows 7 で JavaScript を有効にする設定

1/7 スタートボタンから「コントロール パネル」を選択します

2/7 「コントロール パネル」の画面で「ネットワークとインターネット」を選択します

3/7 「ネットワークとインターネット」の画面で「インターネットオプション」を選択します

4/7 「インターネットのプロパティ」の画面で「セキュリティ」タブを選択し、以下のように設定します


「セキュリティ設定を表示または変更するゾーンを選択してください。」の枠内で「インターネット」を選択し、「このゾーンのセキュリティのレベル(L)」枠内にある「レベルのカスタマイズ(C)...」を選択します。

5/7 「セキュリティ設定」の画面で、以下のように設定します


「設定」の枠内
※ 「スクリプト」の項目まで下にスクロールしてください。

  • 「スクリプト」の項目の「アクティブ スクリプト」:「有効にする」


設定しましたら「OK」を選択します。

6/7 「警告」の画面が表示されましたら、「はい(Y)」を選択します

7/7 「インターネットのプロパティ」の画面に戻りましたら「OK」を選択して画面を閉じます



以上で、JavaScript を有効にする設定は完了です。
※ Internet Explorer を起動している場合は、再起動してからご利用ください。

Windows Vista で JavaScript を有効にする設定

1/7 スタートボタンから「コントロール パネル」を選択します

2/7 「コントロール パネル」の画面で「ネットワークとインターネット」を選択します

3/7 「ネットワークとインターネット」の画面で「インターネットオプション」を選択します

4/7 「インターネットのプロパティ」の画面で「セキュリティ」タブを選択し、以下のように設定します


「セキュリティ設定を表示または変更するゾーンを選択してください。」の枠内で「インターネット」を選択し、「このゾーンのセキュリティのレベル(L)」枠内にある「レベルのカスタマイズ(C)...」ボタンを選択します。

5/7 「セキュリティ設定」の画面で、以下のように設定します


「設定」の枠内
※ 「スクリプト」の項目まで下にスクロールしてください。

  • 「スクリプト」の項目の「アクティブ スクリプト」:「有効にする」


設定しましたら「OK」を選択します。

6/7 「警告」の画面が表示されましたら、「はい(Y)」を選択します

7/7 「インターネットのプロパティ」の画面に戻りましたら「OK」を選択して画面を閉じます



以上で、JavaScript を有効にする設定は完了です。
※ Internet Explorer を起動している場合は、再起動してからご利用ください。

Mac OS で JavaScript を有効にする設定

ここでは、例として Mac OS 10.13 にインストールされている Safari 11.2 の JavaScript の設定方法をご案内します。
(Mac OS 10.14 にインストールされている Safari 12.x についても同様の手順で設定可能です)

1/4 Dock から「Safari」を起動します

※ Dock に「Safari」がない場合は、メニューバーの「移動」から「アプリケーション」を選択して、「Safari」を起動します。

2/4 メニューバーの「Safari」から「環境設定...」を選択します

3/4 開いた環境設定画面の「セキュリティ」タブを選択します

4/4 開いた設定画面で、以下のように設定をします


「Webコンテンツ」

  • JavaScriptを有効にする: チェック


そのほかの項目は、必要に応じて設定してください。
設定後、左上のクローズボタン () を選択し、画面を閉じます。

以上で、JavaScript を有効にする設定は完了です。

よりよいサービスのためご協力ください

この回答は役に立ちましたか?

はい いいえ

モモにお気軽に
ご質問ください。

  • 入力例:料金を確認したい
  • 個人情報は入力しないようお願いいたします。

オペレーターとチャットで解決

隠す
閉じる

サポート

個人のみ 受付時間 9:00~18:00