Sony
Sony
メニュー
閉じる

会員サポート

So-net Webメールに連絡先を取り込みする方法を知りたい

ここがポイント!!

●Web メール、 Outlook 両方から連絡先をエクスポートして取り込む連絡先を準備します。

●Microsoft Excel を使用して連絡先の表の編集をします。

●サクラエディタを使用して文字コードを「UTF-8」、BOMのチェックなしで保存をします。

ここでは、例として Microsoft Outlook 2019 の連絡先を、So-net Web メールに取り込む手順をご案内しております。ここでは連絡先の編集や文字コード変更のため次のソフトを利用しています。

  • 「Microsoft Excel 2019」・・・連絡先のコピーなど編集に使用します
  • 「サクラエディタ」・・・文字コードを指定して保存に使用します

「サクラエディタ」はテキストを編集するための無料のソフトです。Windows には標準でインストールされていませんが、インターネットからダウンロードできます。ほかにも「terapad」など同等の機能をもつソフトがあります。
インストール方法や詳細などは、ご提供元サイトなどでご確認をお願いします。

なお、本ご案内に関するお問い合わせにつきましては、So-net 安心サポート (有償サポートサービス) にてご対応させていただきます。
So-net 安心サポート

Outlook 2019 の連絡先を So-net Web メールの連絡先に移す手順は、以下のとおりです。
手順に沿って設定をおこなってください。

連絡先をエクスポート

1/2 So-net Web メールの連絡先をエクスポートします

So-net Web メールにログインします。ログインには、ユーザーID、ユーザーIDパスワードが必要となります。
So-net Web メール

ログイン後、So-net Web メールにインポートするためのデータを作成するため、So-net Web メールの連絡先をエクスポートします。

インポート・・・データを取り込む (入力) すること
エクスポート・・・データを書き出す (出力) すること

So-ne Web メールの連絡先のエクスポート手順

  1. So-net Web メールにログインします

  2. 連絡先のタブを選択します

  3. 連絡先をエクスポートします 連絡先のタブが開くと、下向き矢印アイコンの「エクスポート」を選んでください。各連絡先にチェックをするとチェックされた連絡先がエクスポートされます
    また歯車アイコンの「その他」から「全てをエクスポート」を選ぶと、登録されている連絡先全件がエクスポートされます

  4. エクスポートするときに、「. CSV 」を選択します

2/2 Outlook 2019 の連絡先をエクスポートします

Outlook 2019 の連絡先を「CSV」形式でエクスポートします。
Web メールからエクスポートした「CSV」ファイルを上書きしないよう、保存するフォルダやファイル名にご注意ください。

Outlook 2019 のエクスポート手順

  1. Outlook 2019 を開きメニューのファイルを選びます

  2. 「開く/エクスポート」を選び、「インポート/エクスポート」を選びます

  3. 「ファイルにエクスポート」を選んで「次へ(N) >」を選びます

  4. 「テキストファイル (カンマ区切り) 」を選んで「次へ(N) >」を選びます

  5. 「連絡先」を選んで「次へ(N) >」を選びます

  6. 「エクスポートする場所」を確認し「次へ(N) >」を選びます

  7. 「完了」を選択すると、エクスポートされます

Excel 2019 で連絡先を編集

1/4 So-net Web メールからエクスポートした CSV ファイルを Excel 2019 で開きます

So-net Web メールからエクスポートした CSV ファイルを、Microsoft Excel 2019 で開きます。
1 行目のタイトル行はそのまま変更せず、2 行目以降を削除してください。

So-net Web メールからエクスポートした CSV ファイルを Excel 2019 で開いたときに文字化けすることがあります。1 行目のタイトルは半角英数字のため、 正常に表示されます。2 行目以降は削除してください。

So-net Web メールに登録されている連絡先を編集してインポートする場合

2 行目以降の表示が文字化けしている場合は、いったん Excel 2019 を保存せずに閉じてください。その後、「サクラエディタ」で開き、メニューの「ファイル」を選んで、「名前を付けて保存」を選び、文字コードを「SJIS」を選択して保存をしてください。ファイル名は変更せずそのまま保存をしてください。
再度 Excel 2019 で開くと正しく文字が表示されます。

Windowsのメモ帳の場合は「ANSI」を選択して保存をしてください。


<参考情報>
Microsoft Excel 2019 のほかに、Google のスプレッドシートなどでも編集はできます。Google スプレッドシートや Mac の Numbers で編集、保存した場合は手順『文字コードを「UTF-8」として保存』で文字コード変更しなくてもインポートできます。

2/4 Outlook 2019 からエクスポートした CSV ファイルを Excel 2019 で開きます

Outlook 2019 からエクスポートした CSV ファイルを Excel 2019 で開き、Outlook 2019 に登録していた連絡先が表示されていることを確認してください。

3/4 各項目の列へデータをコピーし貼り付けます

Outlook 2019 からエクスポートしたデータの各項目をコピーし、So-net Web メールからエクスポートした CSV ファイルの対応したタイトル列に貼り付けます。

【対応している列のタイトル】

Outlook 2019 So-net Web メール
First Name
Last Name
メールアドレス E-Mail Address
番地 Home Street
市町村 Home City
郵便番号 Home Postal Code
都道府県 Home State
電話番号 Home Phone

Outlook 2019 からエクスポートした表を列ごとにコピーします。

So-net Web メールからエクスポートした CSV ファイルの対応したタイトルの下に貼り付けます。

【注意】
Excel 2019 は、数字のデータの最初の「0」を自動的に取り除くことがあり、電話番号の最初の「0」がなくなることがあります。セルの書式を「文字列」にすることで最初の「0」も保存できます。

4/4 Excel 2019 を保存します

必要な項目をコピー貼り付けできましたら Excel 2019 を保存してください。Excel 2019 で保存をすると、文字コードの形式が Shift-JIS で保存されます。Shift-JIS では So-net Web メールに正しく連絡先を取り込むことができないため、次の手順で文字コードを変更します。Excel 2019 は保存後、終了してください。

文字コードを「UTF-8」として保存

前の手順で保存した CSV ファイルを「サクラエディタ」で開き、メニューの「ファイル」から名前を付けて保存を選択します。以下のようにして保存をしてください。

  • 文字コード: UTF-8
  • BOM :チェックなし

ファイル名は変更せず、上書き保存して問題ございません。

<参考情報>
Windows のメモ帳では「UTF-8」で保存をしても、So-net Web メールにインポートができない場合があります。
今後 Windows のメモ帳で保存する文字コードの形式が変更になるとメモ帳で保存したデータも連絡先を So-net Web メールにインポートできるようになる可能性があります。

連絡先を So-net Web メールにインポート

So-net Web メールの連絡先のタブを選択し上向き矢印のアイコンの「インポート」のボタンを選択してください。

先ほど保存をした CSV ファイルをインポートしていただくと連絡先が So-net Web メールに取り込まれます。

以上で、So-net Web メールへ連絡先を取り込む操作は完了となります。

よりよいサービスのためご協力ください

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

NURO 光 for マンション、nuroモバイルなどのサポートはこちら

お探しの回答は
見つかりましたか?

モモに聞いて疑問を解決!

  • 個人情報の入力はお控えください。
  • お困りことをLINEでかんたん解決
  • ご入会して間もないお客さまへやってほしい4つのこと
  • あなたにぴったりなコースへ コース変更ナビ
  • 24時間受付 テクニカルQAコミュニティ