Sony
Sony
メニュー
閉じる

会員サポート

無線 LAN 接続ができない

ここがポイント!!

●ご利用機器 (子機側) の無線 LAN 機能が有効になっていることを確認しましょう。

●無線親機からの電波が届かない、不安定になる原因がないか確認しましょう。

●初期化や再設定、電波状況を改善するできることを試しましょう。

ここでは 無線 LAN でのインターネット接続時に、なんらかの理由で接続できない場合や途切れるなど接続が不安定な場合の原因や対処方法についてご案内しています。
下記の手順に沿ってご確認ください。

【参考】こちらからダウンロードできます!
こちらの内容は、ダウンロードしてご確認いただくことができます。
印刷してお手元に保管していただくこともできますので、ぜひご活用ください。
So-net インターネット接続ガイド (無線編) [758KB] [PDF]

ご利用機器 (子機側) の無線 LAN 機能の設定を確認

パソコンやスマートフォンなど、ご利用機器 (子機側) の無線 LAN 機能が有効になっていることをご確認ください。
無線 LAN 機能を有効にする方法については、機器付属のマニュアルをご確認いただくか、ご利用機器のメーカーにお問い合わせください。

ご利用機器 (子機側) の例

ご利用機器 (子機側) の無線 LAN 機能が有効な状態を示した例です。

【パソコン】

Wi-Fiが青く表示されオンになっている。
機内モードがグレーで表示されオフになっている。


※ 機内モードをオンにするとき、Wi-Fiがオフになります。その後機内モードをオンのままでもWi-Fiのボタンを選択すると、Wi-Fiの機能がオンなり、Wi-Fi(無線 LAN)接続できます。



パソコン本体に無線 LAN の機能のオンオフを切り替えるスイッチがある場合や、キーボードで切り替える場合があります。

※ スイッチの場所やキーボードのキーはメーカーや機種で異なる場合があります。


【Android 端末 (スマートフォンなど)】

設定画面で「Wi-Fi」が ON になっている

Android端末は、Wi-Fi がつながると、接続した SSID に「接続済み」と表示されます。

【iPhone、iPad】

設定画面で「Wi-Fi」がオンになっている。

PhoneやiPadは、Wi-Fi がつながると、接続した SSID にチェックマークが表示されます。

IPv4 アドレスを確認する

Wi-Fi接続の操作が完了しましたら、IPv4 アドレスが取得できているか確認してください。
確認方法は下記をご参照ください。取得した IPv4 アドレスは、正しくネットワークに接続できているかの目安となります。

192.168.~のアドレス

NTT レンタル機器のひかり電話ルーターに無線 LAN 接続した場合、「192.168.1.~」の IP アドレスを取得します。「192.168.1.~」のアドレスが取得できていましたら、無線 LAN が正しく接続できています。
192.168. の次の 3 番目の数字は、無線親機のメーカーや機種によって異なります。

169.254.~のアドレス

正しく IPv4 アドレスが取得できないときにパソコンが「169.254.~」ではじまる IPv4 アドレスを自動的に作成します。この「169.254.~」ではじまる IP アドレスとなっている場合は、正しく無線 LAN 接続ができていない可能性があります。

無線親機からの電波が届かなかったり、不安定になる原因を確認

1/2 電波の規格の互換性を確認

無線 LAN の電波には、「IEEE 802.11b」「IEEE 802.11g」などの規格が決められており、互換性のない規格同士での接続はできません。

下記の表を参考に、親機と子機間の規格に互換性があるかをご確認ください。
※ ご利用機器の無線 LAN 規格については、機器の取扱説明書やメーカーのホームページなどでご確認ください。

【無線 LAN 規格の対応表】
互換性のある規格間であっても、速度が低下するなどの問題が発生する可能性がありますため、同じ規格同士でのご利用をおすすめします。

子機側の規格
IEEE 802.11b IEEE 802.11g IEEE 802.11n IEEE 802.11a IEEE 802.11ac
親機側の規格 2.4GHz IEEE 802.11b

11Mbps

11Mbps

11Mbps

IEEE 802.11g

11Mbps

54Mbps

54Mbps

IEEE 802.11n

11Mbps

54Mbps

150Mbps

5GHz

150Mbps

54Mbps

150Mbps

IEEE 802.11a

54Mbps

54Mbps

54Mbps

IEEE 802.11ac

150Mbps

54Mbps

433Mbps

2/2 無線 LAN の通信を妨害するものがないかを確認する

無線 LAN は、機器間の通信に電波を使用しているため、下記のように様々な機器、環境などの影響を受けることで電波が弱くなり、接続が不安定になることや接続ができなくなることがあります。

  • 近隣のほかの無線 LAN アクセスポイントとの電波の干渉
  • 電磁波を発する機器との電波の干渉
  • 離れた部屋で利用する場合に、壁などの障害物や距離による電波の減衰

下記の各項目で詳細をご確認いただき、それぞれの対処方法をお試しください。

近隣のほかの無線 LAN 機器による電波の干渉がないか確認する

無線 LAN の電波には規格ごとに決められた周波数帯やチャンネルがあり、近くに同じ周波数やチャンネルの電波があると干渉が起きる場合があります。
特に「IEEE 802.11b」「IEEE 802.11g」「IEEE 802.11n (2.4 GHz 帯使用時)」の 2.4 Ghz 帯の周波数を使用する無線 LAN 規格では干渉が起きやすくなります。

近隣に無線 LAN を使用されている方が多い場合、周囲の無線 LAN アクセスポイントと同じチャンネルを使用していると、干渉で電波が弱まり不安定になることや、接続ができなくなることも考えられます。
ご利用の無線 LAN 子機を親機に近付けるなど、受信強度が高い状態でご利用ください。

また、電波の干渉が原因となっていた場合には、近隣で使用されていないチャンネルに変更することで、干渉が起きず接続が安定することがあります。
チャンネルを変更される場合、変更方法は機器ごとに異なるため、ご利用機器の取扱説明書にてご確認いただくかご利用機器のメーカーにお問い合わせください。

電磁波を発する機器による干渉がないか確認する

前述のほかの無線 LAN アクセスポイント以外にも、電子レンジやコードレス電話機、特定の医療機器、Bluetooth を使用したパソコン周辺機器など身の回りにある電子機器も 2.4 GHz 帯の周波数を使用している場合があり、「IEEE 802.11b」「IEEE 802.11g」「IEEE 802.11n (2.4 GHz 帯使用時)」の 2.4 Ghz の周波数帯を使用する無線 LAN 規格では影響を受ける可能性があります。

【干渉の可能性がある機器の例】

こういった機器が近くにある場合は、離れた場所での接続をお試しください。

※ Bluetooth は、同じ周波数帯を利用している無線 LAN が近くにあると周波数をわずかにずらして通信する仕組みのため、電波の干渉は起きにくくなっていますが、無線 LAN の通信速度が低下するなどの影響を受けることがあります。

壁などの障害物や距離による電波の減衰がないか確認する

無線 LAN 親機を設置した部屋と利用場所が離れているなど、部屋を隔てて利用されている場合、壁や床の間にある断熱材のアルミ箔などに電波を吸収され減衰することや、そもそも離れすぎていて電波が受信できていないなどで、接続が不安定になることや接続できない可能性があります。

離れた部屋で利用されている場合には、親機と同じ部屋で接続する、機器のアンテナの角度を変えるなどをお試しください。アンテナがないタイプの無線親機でも筐体内にアンテナが内蔵されていますので、無線親機の向きを変えたりすることで改善する場合があります。

電波状況を改善できることを試す

1/6 無線親機の置き場所やアンテナの向きを変えてみる

無線 LAN の電波は通常、アンテナに対し垂直方向に同心円状に広がります。
※ 上下方向にも 15 ~ 30° 程は広がります。そのため、1 階と 2 階で使用している場合などはアンテナを機器の方向に向けることで受信状態が向上する可能性があります。

また、電波の到達距離を向上した「ハイパワーモデル」と呼ばれる無線 LAN 製品やWi-Fiの電波を中継する中継機の機能、特定方向への通信距離を伸ばす「指向性アンテナ」などを使用することで、電波が届きづらい場所でも安定して通信ができるようになる可能性がありますが、費用のかかる対策ですので、導入の判断はご自身の責任でお願いいたします。

2/6 最新のファームウェアやドライバを使用しているかを確認する

無線 LAN 親機のファームウェアや子機のドライバに不具合があると、それが原因で、「一瞬つながるが安定しない」「親機を再起動すると少しの間はつながるがすぐに切断される」などの症状が発生する可能性があります。
ご利用機器メーカーのホームページなどで最新のファームウェアやドライバが公開されている場合は、最新版にアップデートをおこない、接続をお試しください。

3/6 有線での接続を確認する

無線 LAN を使用せずに LAN ケーブルで配線をおこない、有線でインターネットへ接続ができるかをご確認いただき、インターネット接続自体に問題が発生していないかをご確認ください。
インターネットの接続設定方法につきましては、下記のページよりご利用のコースを選択してご確認ください。
インターネットの接続設定方法を知りたい

【注意】スマートフォンやタブレットをご利用の場合

スマートフォンやタブレットなど無線 LAN のみのご利用で、有線での接続ができない場合は 4/6 無線 LAN 親機の初期化と再設定をして接続を確認する へお進みください。ご確認いただいた結果により対処方法が異なります。

A 接続できない場合

インターネットへの接続自体に問題が発生している可能性が考えられます。
下記よりご利用のコースをご選択いただき、対処方法をご確認ください。

B 接続できた場合

インターネットへの接続自体に問題はありませんので、無線 LAN の接続に問題が発生している可能性が考えられます。
再度、無線 LAN を使用して接続をお試しいただき、改善が見られないようであれば 4/6 無線 LAN 親機の初期化と再設定をして接続を確認する へお進みください。

4/6 無線 LAN 親機の初期化と再設定をして接続を確認する

無線 LAN 親機の設定や動作上に一時的な不具合が発生している可能性がないかを確認します。
ご利用の無線 LAN 親機に同梱のマニュアルをご参照のうえ、機器の初期化と再設定をおこない、再度接続をお試しください。

So-net 光 (auひかり) コースの無線 LAN サービス (宅内 LAN サービス 無線 LAN レンタル) をご利用の場合は、下記のページより設定マニュアルをご確認ください。
【auひかり会員サポート】宅内機器情報

5/6 無線 LAN 子機 (パソコン、スマートフォンなど) の再設定

子機 (パソコン、スマートフォンなど) の無線設定をやりなおすことで改善する可能性があります。
下記のページより、ご利用機器をご選択いただき、再設定をおこなってください。
無線 LAN (Wi-Fi) の接続設定方法を知りたい

6/6 お問い合わせ

ステップ 1 ~ 6 の内容を確認後も、改善がみられない場合には、下記へお問い合わせください。

【市販の機器、または NTT レンタルされた機器をご利用のお客さま】

So-net の提供する無線 LAN 機器以外を利用している場合は So-net サポート対象外となりますので、機器提供元にお問い合わせください。
※ 「So-net 安心サポート」(有償のサポートサービス) でお答えできる場合もございます。
詳しくは こちら よりご確認ください。

【So-net 提供の無線 LAN サービスをご利用のお客さま】
下記の So-net サポートデスクへお問い合わせください。
※ ご利用のパソコンの状況などにより「So-net 安心サポート」(有償のサポートサービス) をご案内させていただく場合がございますので、あらかじめご了承ください。So-net 安心サポートについて詳しくは こちら よりご確認ください。
So-net サポートデスク

【NURO 光をご利用のお客さま】
下記の NUROサポートデスクへお問い合わせください。
NUROサポートデスク

よりよいサービスのためご協力ください

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

NURO 光 for マンション、nuroモバイルなどのサポートはこちら

お探しの回答は
見つかりましたか?

モモに聞いて疑問を解決!

  • 個人情報の入力はお控えください。
  • お困りことをLINEでかんたん解決
  • ご入会して間もないお客さまへやってほしい4つのこと
  • あなたにぴったりなコースへ コース変更ナビ
  • 24時間受付 テクニカルQAコミュニティ